商品一覧
お茶について
本格濃厚
一番摘み知覧茶
商品詳細はこちら
本格濃厚
深蒸し知覧茶
商品詳細はこちら
大きなティーバッグ
濃いほうじ茶
商品詳細はこちら
金賞受賞茶師の技
一番摘み 翠
商品詳細はこちら
金賞受賞茶師の技
一番摘み 紫
商品詳細はこちら
金賞受賞茶師の技
一番摘み 銀
商品詳細はこちら
金賞受賞茶師の技
一番摘み 金
商品詳細はこちら

有機抹茶
商品詳細はこちら

有機粉末緑茶
商品詳細はこちら
大きなティーバッグ
濃い深むし茶 宇治抹茶入り
商品詳細はこちら
宇治抹茶入り
深むし一番茶ティーバッグ
商品詳細はこちら
本格濃厚
一番摘み掛川茶
商品詳細はこちら
本格濃厚
深蒸し煎茶
商品詳細はこちら
産直
徳用静岡茶
商品詳細はこちら
滋味濃厚
深むし茶ティーバッグ
商品詳細はこちら
香り焙煎
ほうじ茶ティーバッグ
商品詳細はこちら
毎日使える
粉末緑茶
商品詳細はこちら
エコロジカルライフ
掛川茶
商品詳細はこちら
エコロジカルライフ
掛川茶ティーバッグ
商品詳細はこちら
まるよ茶屋
ほうじ茶
商品詳細はこちら
まるよ茶屋
ほうじ茶ティーバッグ
商品詳細はこちら
まるよ茶屋
一番茶入り深蒸し茶
商品詳細はこちら
まるよ茶屋
煎茶
商品詳細はこちら
まるよ茶屋 抹茶入り
玄米茶
商品詳細はこちら
まるよ茶屋 抹茶入り
玄米茶ティーバッグ
商品詳細はこちら
まるよ茶屋
抹茶入り緑茶
商品詳細はこちら
まるよ茶屋 抹茶入り
緑茶ティーバッグ
商品詳細はこちら
ローカフェイン
ママ思い茶 べにふうき
商品詳細はこちら
ローカフェイン
わが家のティータイム
商品詳細はこちら
掛川
五明茶
商品詳細はこちら
極旨濃茶 香
商品詳細はこちら
極旨濃茶 彩
ティーバッグ
商品詳細はこちら
極旨濃茶 爽
商品詳細はこちら
赤堀仕立
あさつゆ
商品詳細はこちら
赤堀仕立
さえみどり
商品詳細はこちら
赤堀仕立
つゆひかり
商品詳細はこちら
赤堀仕立
のぞみ
商品詳細はこちら
茶農家直送
深蒸しほうじ茶
商品詳細はこちら
茶農家直送
深蒸し緑茶
商品詳細はこちら
天竜茶
商品詳細はこちら
磐田のいわちゃ
商品詳細はこちら
富士茶
商品詳細はこちら
新茶とは

新茶とは、その年の1番目に摘む茶葉の事です
(1番茶と新茶は同義語です)。

一つの茶樹から1年間で4回~5回茶葉を摘むことができ、その一番目の茶葉を新茶と呼びます。 静岡では、4月から5月に新茶期を向かえ、旬の味わいを愉しめます。

製造工程

荒茶とあかほりでの製造工程。

お茶のカテキン

カテキンには体脂肪、内臓脂肪を減らす働きがあることが研究で明らかになり注目されています。体内に吸収されたカテキンは、肝細胞へ到着し、肝臓の脂肪代謝機能を高めます。

カテキンでダイエット

お茶に含まれるカテキンには脂質の体内への吸収を防いだり、内臓脂肪を減らす効果があり、食事中、食事のあとの飲用が効果的であるといわれています。

お茶一杯に含まれるカテキンは80mg程度。
油っぽい料理、食事中、食事のあとなどに一日4~5杯の緑茶を飲むことをおすすめします。

お茶を愉しむ

温かいお茶も冷やしたお茶もおいしくお召し上がりいただけます。

お茶の保存方法

お茶の保存には茶筒が最適ですが、お茶の量に対して茶筒のスペースが大きいと空気に触れる割合が大きいので風味や香りが落ちます。お茶の嫌う以下の要素に注意して保存しましょう。

開封前の保存方法

未開封の場合、そのまま冷蔵庫(冷凍庫)で保存する。但し、冷蔵庫(冷凍庫)から常温に戻すと、温度差から容器内に水滴が生じて茶の鮮度を損ねてしまう場合がありますので、しばらく放置して常温に戻してから使用するようにしましょう。

開封後の保存方法

開封後は密封性のある容器(密封用ビニール袋)や遮光性ある容器(茶筒など)にお茶を移して冷暗所(5~10℃)に保存するようにしましょう。冷蔵庫に入れると移り香のおそれがありますのでご注意下さい。

お茶が嫌う5大要素:

①湿気 ②高温 ③酸素 ④光 ⑤匂い

  お茶の変質・品質低下の理由 おすすめの保管方法
湿気
茶葉には湿気が天敵です。湿気を吸うと茶葉の成分の酸化が促進され、茶葉の色、お茶の色、香り共に鮮度が低下します。
乾燥保存
保存庫内を除湿するか、湿気を通さない密封用ビニール袋もしくは容器(茶筒など)に移して保存してください。
高温
高温下では茶葉の成分が酸化するため、色沢や水色の褐変化が進み、茶葉の色に悪い影響を与えます。
低温保存
褐変化を進めないためになるべく冷暗所(5~10℃)に保存して低温度を保ってください。
酸素
酸素は茶緑素やカテキンなどを酸化させる要因があり、特にお茶の風味、味わいを損なうことになります。
酸素除去
市販の保存茶の場合は真空包装、脱酸素剤封入などで酸素除去された状態で販売されています。開封後はなるべく空気を入れず、密封できる状態で保存してください。

お茶は光に弱いです。直射日光は勿論のこと、茶葉を光にさらすと品質劣化の大きな原因になります。
暗所保存
光が直接あたらない冷暗所に保管するか、光を透過しない密封用ビニール袋もしくは容器(茶筒など)に移して保存してます。
匂い
茶葉は、消臭剤として使用できるほど匂いを吸収する作用があります。密封されない状況で保存すると周囲の様々な匂いを吸収してしまい、お茶の品質を著しく損ないます。
密封保存
密封用ビニール袋、容器(茶筒など)に移して保存します。匂いの強いもの(魚の干物、納豆など)を近くになるべく置かないように気をつけてください。
pagetop