“こころほどけるお茶”をお届けする、静岡県御前崎の赤堀商店です。
“こころほどけるお茶”をお届けする、静岡県御前崎の赤堀商店です。

展示会に見る医療・介護食(下)

2011/03/02(水)

医療、介護分野の食品展示会「メディケアフーズ展」では、茶やデザートなど高齢者や患者に対応した多彩な商品が注目を集めた。

水分補給に最適
茶の製造問屋、赤堀商店(静岡)は低カフェイン茶のシリーズを出品。
「市販の茶だとカフェインの作用で眠れない」という声に対応した。
水分補給が大切な高齢者らにお薦めだ。
静岡県中西部の牧之原大地産の茶葉を使い、緑茶でカフェインを4割減らした。
緑茶、ほうじ茶、「べにふうき」の紅茶、番茶がある。
高知産ショウガと合わせたしょうが茶シリーズも3月末に発売する。
赤堀浩司専務は「リーフ茶の消費が低迷する中で付加価値を高めて販路を増やすことで、茶の生産農家にもメリットを出せる」と話す。
直売店「売茶坊まるよ」の店舗、インターネットで販売。
ティーバッグ10袋入りで、緑茶が504円、ほうじ茶が同339円(いずれも送料別)など。

出典:2011年(平成23年)3月2日(水曜日) 日本農業新聞